24時間換気システムは切っちゃダメ?

こんにちは、
グローリーハウスです。

寒い日が続きますね、、
こたつに入って、暖房をつけて、お家の中で過ごしたいと思う日々です。。

こんな時、
お家の中にある24時間換気(給気口)が地味に寒かったことはないですか?

でも、
24時間換気は住まいの環境を守るためにとても大切な仕組みなので、
寒い時期だからといって運転を停止するのはオススメできません。

今回は、
24時間換気の必要性についてお話しします。

24時間換気とは、
家の中の空気を自動的に循環させて入れ替えるシステムのことです。
・第1種換気(給気 ⇒ 機械、排気 ⇒ 機械)
・第2種換気(給気 ⇒ 機械、排気 ⇒ 自然)
・第3種換気(給気 ⇒ 自然、排気 ⇒ 機械)
(3種類に分けられています)

もともと日本の住宅は気密性が低かったのですが、省エネ設計(暑さや寒さ対策)などにより住宅性能が向上し気密性が高まりました。

気密性が高まったことで、
木質建材・壁紙・断熱材などの建築資材に含まれる化学物質や、生活の中で生じるチリやホコリ等を原因とした健康被害「シックハウス症候群」という体調不良が社会問題となりました。

そこで2003年の建築基準法改正では、
すべての住宅に24時間換気システムの設置を義務化して、居住空間の空気を1時間に半分以上、入れ替えることとしました。

24時間換気システムにより計画的な換気を行うことで、
室内の汚れた空気を排出して、屋外の新鮮な空気を取り込み循環させることでシックハウス症候群などを防ぐ目的としたのです。

もしかすると、寒い時期は給気口から入ってきた空気によって風の流れができて寒さを感じることがあるかもしれません。

でも、
だからといって、24時間換気を止めるのは良くないのです!
24時間換気はその名の通り、24時間ずっと換気をしなくてはいけません。

止めてしまった場合、
室内の空気が循環せず、空気に含まれた湿気や汚れ、ホコリなどが室内に留まることで、
結露やカビの原因になったり、カビをエサとするダニが増えてアレルギーの原因となることが考えられます。

もし、
24時間換気で寒いと感じる場合はこのような対策をとってみるのも良いかもしれません。
・給気口に専用のカバーやフィルターをつける
・サーキュレーターなどを利用して暖房で温めた空気を循環させる
・給気量を調節する

ご自身や家族の健康、建物の劣化を防ぐためにも24時間換気で常に新鮮な空気を取り入れることが大切です。
居心地の良い室内空間で、毎日健康に素敵な一日を過ごしていきましょう~(^▽^)/


最後までご覧いただきありがとうございます。

PageTop